このサイトは株式会社Jライフサポートをスポンサーとして、
株式会社Zenkenが運営しています。
Sponsored by 株式会社Jライフサポート

製造業界の企業における事業再生

製造業における主な経営不振の原因とは

製造業の経営不振を招くリスクには、以下のようなものが典型例として挙げられます。

  • 価格競争の激化によって売上高・利益が減少しキャッシュフローが悪化した
  • 原材料などの価格高騰によって採算性が悪くなり利益率が低下した
  • 設備投資に見合った収益を得られずに金融機関からの借入金の返済が困難になった

デフレに伴う価格競争の激化によって、販売単価が減少して総売上が低下してしまうことは大きな問題です。一方、国際情勢の影響などによる原材料の高騰を、即座に販売価格へ反映できず、キャッシュフローが破綻してしまうリスクも重要でしょう。

製造業における事業再生に向けた取り組み

経営不振の原因にもとづいて考えれば、過度な価格競争を避けつつ、原価を抑えて利益率を高めることが必要です。しかし、現実として即座に売上高の回復・向上を目指すことは難しく、実際には不採算案件からの撤退など事業規模の縮小を検討しなければなりません。

また、経費の無駄を削減するために、設備投資や環境づくりのコストパフォーマンスも考慮しながら、営業体制のスリム化など多角的な取り組みを進めていくことになります。

なお、さらなる経費圧縮が必要となれば、システム化などによって省人化・省力化を進め、人件費削減なども考えなければなりません。

事業再生・立て直しを正しく行うためには?

事業の再生や立て直しには、適切な方法・手順とスピード感が重要です。しかしほとんどの社長、とくに中小企業の経営者は事業再生に関するノウハウをご存じなく、金融機関や保証協会との付き合い方に失敗し、安易に破産という道を選んだり、経営者としての再起ができない状況に陥りがち。

そうなる前に必要なのは、状況を相談できる相手。経営の悩みをしっかりと理解し、経営者の立場から助言をくれるアドバイザーを用意しておくことです。

本メディアでは、悩める中小企業の経営者の方に向けて、自らも多額の負債から立ち直った経験を持つアドバイザー・三條慶八氏について紹介しています。

中小企業経営者を守る
事業立て直しアドバイザー
三條慶八について見てみる

三條 慶八
中小企業の経営者を救う
経営アドバイザー

三條 慶八
三條 慶八

自らも経営の経験を持ち、阪神・淡路大震災によって140億の負債を負うが、自力で立ち直った経験を持つ。悩める経営者の方へのアドバイスを行い、これまでに1,000社以上の事業立て直しに関わってきた実績あり。(2023年11月時点)

三條先生への経営相談
公式HPはこちら