このサイトは株式会社Jライフサポートをスポンサーとして、
株式会社Zenkenが運営しています。
Sponsored by 株式会社Jライフサポート

小売業界の企業における事業再生

小売業における主な経営不振の
原因とは

小売業で経営状態が悪化する理由を考えると、主として周辺環境の競争激化による売上げ低下、売上げ低下によるロスの増大で利益率や競争力が低下した、キャッシュフローが悪化して借入金の返済が困難になった、などが挙げられます。

例えば周辺に競合他社の店舗が進出してきたり、大手チェーン店などが台頭してきたりすることで、価格競争に巻き込まれて薄利多売の状態が常態化し、結果的に安定した経営を維持するためのコストをまかなえなくなる恐れもあるでしょう。

小売業における事業再生に向けた取り組み

小売業で事業再生や売上げの向上を目指そうと思えば、来客数の増加や収益性のアップ、独自性を高めた競争力の強化などいくつかのアプローチを検討することになります。

具体的な改善策としては、まず消費者が求める商品を仕入れて、効果的に販売するということが重要です。地域性や独自性をかんがみて仕入れを考えるだけでなく、必要に応じて独自商品を開発するというケースもあります。

不採算店舗を撤退させつつ、採算性の高い店舗の安定性をキープし、トータルのコストバランスを考えることも不可欠です。

商品価格の見直しや接客サービスの品質向上、新しい客層を消費者として取り込めるように努めるなど、ライバル店に負けないよう人材教育を含めた取り組みもポイントとなります。

事業再生・立て直しを正しく行うためには?

事業の再生や立て直しには、適切な方法・手順とスピード感が重要です。しかしほとんどの社長、とくに中小企業の経営者は事業再生に関するノウハウをご存じなく、金融機関や保証協会との付き合い方に失敗し、安易に破産という道を選んだり、経営者としての再起ができない状況に陥りがち。

そうなる前に必要なのは、状況を相談できる相手。経営の悩みをしっかりと理解し、経営者の立場から助言をくれるアドバイザーを用意しておくことです。

本メディアでは、悩める中小企業の経営者の方に向けて、自らも多額の負債から立ち直った経験を持つアドバイザー・三條慶八氏について紹介しています。

中小企業経営者を守る
事業立て直しアドバイザー
三條慶八について見てみる

三條 慶八
中小企業の経営者を救う
経営アドバイザー

三條 慶八
三條 慶八

自らも経営の経験を持ち、阪神・淡路大震災によって140億の負債を負うが、自力で立ち直った経験を持つ。悩める経営者の方へのアドバイスを行い、これまでに1,000社以上の事業立て直しに関わってきた実績あり。(2023年11月時点)

三條先生への経営相談
公式HPはこちら