あなたを助ける“事業再生コンサル”を今すぐ知る! あなたを助ける“事業再生コンサル”を今すぐ知る!
自社のための事業再生コンサルが見つかる【経営快速】 » 中小企業経営者の悩みを解決する » 会社の立て直しはコンサルに相談したほうがいい?

会社の立て直しはコンサルに相談したほうがいい?

経営コンサルタントは、「どこでもいいや」で進めると失敗してしまう可能性が高いです。特に会社の経営状態が悪い場合、経験豊富なコンサルタントを選ぶ必要があります。このページでは、会社の立て直しコンサルの特徴や相談するメリットなどを紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

会社立て直しコンサルタントとは

会社立て直しコンサルタントは、一般に「事業再生コンサルタント」や「企業再生コンサルタント」、「マネジメントコンサルタント」などと称されます。資金繰りのトラブルや債務超過に陥っている企業に対して、要望をヒアリングしながら立て直しのサポートを行うのが仕事です。さまざまな分野のコンサルタントの中でも、特に難易度の高い仕事であると言われています。

会社立て直しコンサルがやってくれること

現状のヒアリング

会社立て直しコンサルタントの仕事として、まずは会社の現状を把握するためのヒアリングを実施します。なぜなら、社内の労働環境の悪化による人員不足や財務面での困窮、事業が行き詰まっているなど、立て直しを希望する会社の事情はそれぞれ異なるからです。

状況に合わせた解決策を提示しないと会社の状況を改善することはできないため、こまめなヒアリングは欠かせない業務内容といえます。

課題・問題の原因究明

会社の立て直しを行う際には、会社が現在抱えている問題を綿密に検証する必要があります。それにプラスして、「どうしてそのような事態に陥ったのか」といった原因を究明するのも重要です。

逆に、現状の問題点を理解しないまま立て直しを実行しても、会社の立て直しを実現するのは難しいでしょう。仮に経営状態が改善したとしても、またすぐに悪化してしまう可能性があるため注意が必要です。

経営システムの改革

会社立て直しコンサルに求められているのは急ごしらえの対策ではなく、企業運営における抜本的な改革です。既存のシステムのまま経営を行っても、企業の経営状況を改善させるのはきわめて難しいでしょう。そのため、会社立て直しコンサルタントは、会社の提供するサービスや商品の見直しなど、これまでとは異なる経営システムを構築し、経営状況の改善を試みます。

経営状況の根本的解決が可能となるので、長期的に安定した経営ができるようになるでしょう。

会社の立て直しをコンサルに相談する5つのメリット

客観的な意見を取り入れられる

会社の経営状況が悪く将来性が見えない場合は、コンサルに相談して外部からの視点を取り入れるのがおすすめです。会社が立て直し困難な状況に陥っているのは、社内の常識に固執してしまい視野が狭くなっている可能性があります。

その点、会社立て直しコンサルは、会社の問題を客観的な視点でチェックしてくれるのがポイントです。内部の人間とは異なる視点からアドバイスを行うので、会社にとってかなりのメリットになるでしょう。

会社が抱える課題・問題点を整理できる

会社の経営状態が悪化した原因は、1つだけとは限りません。むしろ複合的な要因があるケースが多いので、状況の整理が非常に大切です。経営上の問題はもちろん、商品やサービスに関する問題や人員の問題など、さまざまな問題を対処する必要があると、「どこから手を付けたら良いかわからない…」と困ってしまうかもしれません。

会社立て直しコンサルは、独自のノウハウで企業の問題を整理するため、社内の人間だけよりもスムーズかつ明確に状況の見直しができます

人員的・時間的リソースを割かずに済む

会社立て直しコンサルのサポートを受けずに会社の立て直しや資金繰りを行うと、どうしても本来の業務が疎かになってしまいやすいです。これが続くと業績がどんどん下がり、さらなる経営状況の悪化を招きかねません。

一方で、会社立て直しコンサルを利用した場合は、立て直しのための準備をプロに一任できるため、経営者や社員はこれまで通り業務に集中できます。それぞれの人員が業務に専念することは、経営状況を改善するための近道です。

問題解決にかかる時間が短く済む

会社を立て直すには、問題が発生した際になるべく早く解決策を講じるのが重要です。しかし、経営者や社員のほとんどは、会社を立て直すためのスキルや知識を持っていないことが多く、解決に向けた行動を起こすまでにかなりの時間がかかってしまいます。

その反面、会社の立て直しを専門とするコンサルは、これまでに数多くの企業をサポートしてきた実績を持っており、短期間での問題の把握や解決へ向けた行動が期待できるでしょう。

各方面とのやりとりを任せられる

会社の立て直しは、会計士や税理士、社会保険労務士といった専門家と頻繁にやりとりをしなければなりません。経営者や社員が業務の時間を割きながら各専門家と交渉を行うのは、時間的・身体的負担がかなり大きくなってしまいます。

会社立て直しコンサルは、会社と専門家との橋渡し役として活躍してくれるのが特徴です。各所との窓口として役立ってくれるのも、会社立て直しコンサルを利用するメリットだと言えるでしょう。

そのほか会社を立て直すための3つの手段

会社によっては、「自社で立て直しを行いたい」と考えているかもしれません。会社立て直しコンサルを利用せずに会社の経営状態を改善する方法には、事業構造の再構築(リストラクチャリング)、経費の見直し・削減、整理解雇(リストラ)といった3種類があります。

事業構造の再構築(リストラクチャリング)を行う

リストラクチャリングとは、社内における事業構造の再構築を指します。日本においては「リストラ」と略されており、事業縮小や人員削減などの言葉で置き換えられているでしょう。また、不採算事業の整理や高収益事業への経営資源の集中、不採算部門の事業縮小および撤退といった意味も持ちます。

リストラと聞くと悪いイメージを持つ人が多いかもしれませんが、リストラクチャリング自体は企業を立て直すためのポジティブな施策です。

経費の見直し・削減を行う

会社を立て直すためには、経費の見直しが非常に重要です。数ある勘定項目の中でも、外注費、人件費、広告費、原材料費は余計な費用を使っている可能性があるため、しっかりと見直す必要があります。

外注費に関しては社内で巻き取ることで削減できますし、あらかじめ予算を立てておくと、いざという時に柔軟な対応ができるようになるでしょう。そのため、闇雲に経費を削減するのではなく、スケジュール管理をするのもポイントです。

整理解雇(リストラ)を検討する

整理解雇とは、経営状態が芳しくない時に人員整理として解雇を実施することです。日本における「リストラ」のイメージは、リストラクチャリングよりもこちらの方が強いでしょう。

ネガティブなイメージを持つ人がほとんどなので、実施していない会社も多いです。しかし、会社が倒産してしまえば社員全員が仕事を失くしてしまいます。冷徹な決断が必要となりますが、会社を立て直すためには心を鬼にしなければならない場合もあるでしょう。

まとめ

会社立て直しコンサルは、経営状態の改善を得意とするその道のプロです。経営状況の改善とは、単に財務状況の回復に限ったことではないため、会社が長期的に事業を続けるにはもっと根本的な改革が必要になります。

社内の人間だけでは気付けなかった意外な問題も見つけてもらえるので、危機からの脱却を考えている場合は会社立て直しコンサルにサポートを依頼するのがおすすめです。

悩める中小企業経営者のための
事業再生コンサル選びの
2通り

事業再生や飛躍、資金繰りや新規事業へのアドバイス…。自社の状況や展望によって、適切なコンサル会社を選ぶ方法がわかります!

自社のための
事業再生コンサルを見つける