このサイトは株式会社Jライフサポートをスポンサーとして、
株式会社Zenkenが運営しています。
Sponsored by 株式会社Jライフサポート

中小企業経営者の
悩みを解決する

中小企業経営者の悩み

多くの中小企業経営者が抱えている、代表的な悩みをピックアップ。どれも、企業の存続に直結するようなものばかりです。

銀行から融資を受けるために

会社を円滑に回すために必要な資金調達は、経営者の大事な仕事の一つです。多くの中小企業が金融機関に融資を申し込んでいますが、審査に通らず受けられない会社も少なくありません。円滑な融資対策を実現するにはどうしたらいいでしょうか。

中小企業が銀行から融資を受ける
方法を知りたい

経営者の悩みは
どこに相談する?

気軽にできない経営者の悩み相談。経営者を対象としたアンケートでは、社内の人間には役員でも相談しにくいといった結果が出ているほどです。身の回りの人に相談しにくい場合は、中立の立場で対応してくれる専門家がおすすめです。

経営者の悩み相談先をチェック

事例から見る
中小企業の経営改善

実際にコンサルティング会社がおこなった、経営サポートによる企業の経営改善事例を紹介しています。企業が抱えている課題はさまざま。さまざまな実践から、経営者が思いもよらなかった解決策を提示してくれます。

中小企業の経営改善事例を
チェック

実は無借金経営は
デメリットが大きい!?

無借金経営と聞くと、経営が順調などポジティブなイメージがありますが、最悪会社が倒産してしまうかもしれない危うさを秘めています。一かバチかの賭けにも等しいと言われている理由はなぜなのでしょうか?

無借金経営のデメリットを
詳しく見る

中小企業向け
社員のやる気を引き出す方法

会社の業績は、持ち前の能力だけではなく、社員のやる気にかかっていると言っても過言ではありません。社員のやる気を上げるには待遇面を良くするだけでなく、やりがいなどの精神的なもの、さらには経営者の態度からも良くすることができます。

社員のやる気を引き出す方法を
知りたい

中小企業再生支援協議会の
デメリットを知る

金融機関から勧められて始めて知ったという経営者も少なくない、中小企業再生支援協議会。金融機関が自ら勧めてくる支援ですから、そこには金融機関にとってメリットがあると考えられます、では、企業にはメリットはあるのでしょうか?

中小企業再生支援協議会利用の
デメリットをチェック

会社の未来を創るための、
事業承継

人生100年時代と言われている今。70歳を超えた経営者も少なくありません。ただ、人は誰しも老いるもので、時代の流れについていくのが難しくなり、それが経営にダメージを与える事も。会社の未来を守る事業承継としては、どんな形を意識するのが良いのでしょうか。

中小企業の事業承継について詳しく見る

プロパー融資と
保証協会付融資の違い

プロパー融資と保証協会付融資の大きな違いは、金融機関との付き合いの長さや信用度です。金融機関からの信用が高い企業は、プロパー融資が受けやすくなっています。他にも、プロパー融資と保証協会付融資はさまざまな面で異なっています。両者の違いと、金融機関と借り手のメリット・デメリットをまとめてみました。

プロパー融資とは?
保証協会付融資との違いをチェック

中小企業の生き残る
チャンスは“脱下請け”

親会社の仕事を引き受ける下請け会社は、営業が不要な反面、親会社の事情に左右されがちな面があります。場合によっては仕事がなくなり困ることも。そうした不安定な状態から脱却するには、オリジナル商品やサービスの開発と、自社商品を拡げるための戦略・営業力が必要不可欠です。

中小企業の脱下請けの方法を詳しく見る

コロナを変革の
チャンスと受け取る

コロナ禍は、日本全体だけでなく世界中を巻き込んだパンデミック。今まで通りに行かない状況に、多くの企業が厳しい状態に追い込まれています。ですが、コンサルティング会社では、このコロナ禍を変革のチャンスとして捉えている向きがあります。それは一体、どういうことなのでしょうか?

中小企業におけるコロナ禍の
変革チャンスについて詳しく見る

中小企業経営者が知っておくべき資金繰りの方法

中小企業を経営する上で資金繰りの方法を知っておくことは、事業を継続する上で大切なポイントといえます。資金調達を考えた時に利用できる方法は、日本政策金融公庫の融資や制度融資、銀行の融資、ビジネスローンを利用するなどさまざまな方法があります。どのような方法があるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

経営・資金繰りの方法
について詳しく見る

コロナ倒産を防ぐための資金繰り対応策

コロナ禍で業績が悪化し、資金繰りに問題が生じるとコロナ倒産のリスクが増大します。そこで、コロナ倒産を防ぐために率先して取り組むべき資金繰り対応策をまとめましたので、ぜひ問題が深刻化して取り返しのつかない状態になる前に確認しておいてください。

コロナ倒産を防ぐための資金繰り対応策
を詳しく見る

資金繰りが苦しいときにやるべきこと・やっていないこと

資金繰りが苦しくなった時こそ、冷静な判断と適切な対策を進めることが必要です。しかしいざ資金繰りが悪化すると余裕がなくなり、つい安易な選択に走ってしまう恐れもあります。

資金繰りが苦しくなった際にどうすべきか、リスク管理としてあらかじめ把握しておきましょう。

資金繰りが苦しいときの対処法
を詳しく見る

リスケを認めてもらうための経営改善計画書の書き方

金融機関にリスケを認めてもらおうとした際、リスケ後にどのような方法で経営状態を改善していくのか、具体的にまとめた経営改善計画書を提出する必要があります。

リスケの成否は経営改善計画書によって判断されることもあるため、適切な書き方を理解しておくことが大切です。

経営改善計画書の書き方
を詳しく見る

資本性劣後ローンのメリット・デメリット

資本性劣後ローンとは、金融機関などからの融資において、債務であると同時に「自己資本」としても見なされるという性質を持ったローンです。事業者が資本性劣後ローンを利用するメリット・デメリットについて解説しています。

資本性劣後ローンとは?
メリット・デメリットを詳しく見る

銀行融資のリスケをするメリット・デメリット

銀行融資のリスケは事業再生を考える上で有効な手段ですが、一方でリスケを行うことが必ずしも債務者にとってメリットばかりという制度でもありません。まずはリスケのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

銀行融資のリスケをする
メリット・デメリットを詳しく見る

事業再生コンサルタントとは?相談するメリット

社内で事業再生に取り組んでみても改善につながらない、どうすれば良いのか分からないのであれば、事業再生コンサルタント(企業再生コンサルタント)への相談を検討してみましょう。外部の専門家の視点を取り入れることで、先行きが見えなかった経営に光が差すかもしれません。事業再生コンサルタントに相談するメリットや自社に合ったコンサルタントの選び方などについて解説します。

事業再生コンサルタントとは?
を詳しく見る

会社の立て直しはコンサルに相談すべき?

会社が経営難に陥っている場合は、迷わず会社の立て直しを得意とするコンサルのサポートを受けるのが得策です。彼らはこれまで数多くの会社を経営難から救ってきた実績を持っているため、社内の人間だけで対応するよりも、スピーディーかつ的確に会社の立て直しができます。

会社立て直しで
コンサルに相談できることを見る

日本政策金融公庫の追加融資とは

すでに日本政策金融公庫から融資を受けている人が、さらに融資金を出資してもらうことを追加融資といいます。追加融資を受けるには融資審査に合格しなければなりませんが、追加融資ならではのポイントや注意点があり、それらを理解した上で申請へのぞむことが肝要です。

日本政策金融公庫の追加融資
を詳しく見る

よろず支援拠点とは?相談するメリットや利用の流れ

よろず支援拠点とは、国の経済を支えている中小企業や小規模事業者のために設置された経営相談所です。何度でも無料で利用できるため、経営に関する相談先として選択肢に入れておきたい有力候補の1つ。ただし、よろず支援拠点のサポートにも限界があるので、メリット・デメリットをしっかりと理解したうえで上手く利用しましょう。

よろず支援拠点とは?特徴について
詳しく見る

資金繰りの相談はだれにしたらいい?

資金繰りに悩んでいるものの、だれに相談したらいいのか分からないという経営者も多いでしょう。資金繰りの主な相談先としては、「税理士」「金融機関」「日本政策金融公庫」「事業再生コンサルタント」の4つ。資金繰りに詳しい専門家のアドバイスや支援を受けることで、経営再建への道が開けます。

資金繰りの相談先について
詳しく見る

事業承継の相談は
だれにする?

事業承継の主な相談先としては、税理士や公認会計士、弁護士、行政書士、経営コンサルタントなどが候補にあげられるでしょう。

後継者がいなくて悩んでいるのか、後継者の知識不足や経験不足を補うアドバイスを受けたいのか、など悩みや課題に応じて適切な相談先が異なります。自社に合った相談先を知るためにも、それぞれの特徴や相談できる内容について把握しておきましょう。

事業承継の相談先について
詳しく見る

私的再生と法的再生の違いとは

会社が破綻を回避するために事業再生を目指す上で、裁判所の介入を受けるかどうかによって、再生計画の作成や実施については私的再生と法的再生の大きく2つのパターンが考えられます。ここでは私的再生と法的再生の特徴やメリット・デメリットをそれぞれ解説しています。

私的再生と法的再生の違いを
詳しく見る

経営コンサルタントの契約形態・費用相場

経営コンサルタントの契約には、プロジェクト単位でコンサルティングを行ってもらうパターンから、期間を定めてサポートをしてもらうパターン、また弁護士相談のように時間単位で経営相談を行うスポット契約など複数の種類が存在します。経営コンサルタントの契約形態や費用相場について解説しました。

経営コンサルタントの
契約形態・費用相場について詳しく見る

事業の再生・存続に必要な考え方

事業再生のためになにをすべきか、経営者がどんな考え方を持っておくべきかについて解説。本当に困ったときの相談先についても紹介しています。

事業再生・存続に必要な考え方
について詳しく見る

コロナ融資の返済について

コロナ融資で資金調達をしたが、返済できないかもしれない…、という中小企業は少なくありません。返済計画の立て方などについて解説しています。

コロナ融資が返済できない?
ケースについて詳しく見る

個人事業主の経営相談について

個人事業主には経営相談の相手として様々な選択肢があります。商工会議所では多くの専門職を窓口として配置していますが、それぞれの特徴や得意分野を知っておくことで、経営に関して的確なアドバイスを望めるでしょう。

個人事業主の経営相談
について詳しく見る

銀行以外に頼れる融資の種類は?

資金調達の方法として、銀行融資(プロパー融資)以外にも、様々な種類・選択肢があります。自社の状況や事情に合わせて適切な判断・方法を取っていくことが大切です。

銀行以外に頼れる融資の種類
について詳しく見る

代位弁済に関する注意点は?

一見、デメリットのない優れた救済措置制度にも思える代位弁済ですが、保証協会の立ち位置や銀行との関係性を詳しく知っておかないと、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。経営者として基本的なことを知っておきましょう。

保証協会による代位弁済
について詳しく見る

破産を判断すべき企業の条件とは

企業として破産を考えたとき、親身に相談に乗ってくれる相手はいますか?ここでは破産についての考え方の解説と、頼りになる相談先について紹介をしています。

破産を相談すべき企業の条件
について詳しく見る

無料で利用できる経営相談

無料で利用できる経営相談先について解説。1,000人以上の中小企業経営者を救ってきた※「Jライフサポート」のさまざまな無料キャンペーンについても紹介しています。

※2023年11月時点

無料で利用できる経営相談
について詳しく見る

債務超過でも融資は受けられる?

債務超過の状態にあっても、銀行が融資対象と判断する企業は少なくありません。どういった条件で融資が行われるのか、そのためにはどうすればいいかについて解説しています。

債務超過でも融資は受けられるか
について詳しく見る

適切な銀行との折衝・付き合い方は?

企業として信頼関係を強める銀行折衝のやり方、適切な距離感について解説。具体的なコミュニケーションの取り方に関する相談先についても紹介しています。

適切な銀行折衝・付き合い方
について詳しく見る

別会社を立てて事業を再生する方法

事業再生の方法の一つとして、別会社を利用するというものがあります。このページではその考え方や準備について紹介しています。

別会社を立てて事業再生する方法
について詳しく見る

中小企業活性化協議会の実状

中小企業活性化協議会(中小企業再生支援協議会と経営改善支援センターが再編・統合)とはどういった組織なのでしょうか。仕組みや役割について詳しく解説しています。

中小企業活性化協議会とは
特徴について詳しく見る

会社(法人)の
債務整理とは

借金を抱えて返済困難に陥った個人が任意整理や自己破産を選択するように、会社(法人)も負債超過で倒産状態に陥った際、スムーズな廃業や事業再生などを目指して債務整理を考えます。ただし会社の債務整理は会社更生や特別清算といった法人ならではの手続きもあり、自社の資産状況や負債規模と照らし合わせて検討することが必要です。

会社(法人)の債務整理を
詳しく見る

会社の
私的整理(任意整理)とは

経営や財政状況が悪化し、返済が困難となった債務について、会社が債権者と個別に話し合うことによって、利息をカットしてもらったり返済スケジュールを延長してもらったりして、債務の負担を軽く整理する方法です。月々の支払い額を減らしつつ事業を継続すれば、破産や再生などの手続きを行わずに再起を図れる可能性があります。

会社の私的整理(任意整理)を
詳しく見る

三條 慶八
中小企業の経営者を救う
経営アドバイザー

三條 慶八
三條 慶八
   

自らも経営の経験を持ち、阪神・淡路大震災によって140億の負債を負うが、自力で立ち直った経験を持つ。悩める経営者の方へのアドバイスを行い、これまでに1,500社以上の事業立て直しに関わってきた実績あり。(2024年5月時点)

三條先生への経営相談
公式HPはこちら